記事一覧

まだ大切なモノが

ファイル 35-1.jpgファイル 35-2.jpgファイル 35-3.jpgファイル 35-4.jpg

 昨日は、震災から手付かずの田んぼの水路で、汚泥の撤去は暑さと臭い汚泥に足を取られ、厳しい作業でした。

 朝のミーティングで、作業を行う場所は、震災後手付かずの場所なので、いろいろな大切なモノが出たときの注意事項や対応について説明がありました。また、長靴には、必ず鉄の中敷きを入れる様に指導もありました。

 ボランティアセンターの方から「皆さんには、被災地の広報担当になって頂き、いまの現状を広く伝えて欲しい。そして、まだまだボランティアさんの力が必要だと伝えて欲しい。ボランティアのバトンを次の人に渡して欲しい」と訴えました。

 次の人にバトンを渡すことが出来るならと思い、自分が見た現場の画像をアップすることにしました。