記事一覧

あと7日 支えあって生きている (1)

ファイル 7-1.jpgファイル 7-2.jpgファイル 7-3.jpgファイル 7-4.jpg

 自分なりに考えた2つのやりたいことのひとつは、岩手県・宮城県・福島県に行き復興のお手伝いをすることです。

 平成22年、宮崎県内に口蹄疫が流行して、約28万頭の牛豚を殺処分という非常事態が発生しました。そのとき、宮崎県は全国から暖かい支援を受けました。人は、支えあって生きていることを、改めて実感しました。

 同年の秋、子供が通う小学校の校長先生が重い病気で倒れました。校長先生は、翌年の3月で定年を迎えるはずでした。そして、学校から卒業式の出席が難しいとお聞きしました。
 そこで、校長先生の復帰を願って小学校の先生や児童とPTAで千羽鶴を折り、御神輿を作って千羽鶴をお神輿に飾り、校長先生に元気になって学校に戻ってこれる様、お祭りをしようと思いました。学校とPTAに相談すると快諾頂きました。

あと7日 支えあって生きている (2)

ファイル 6-1.jpgファイル 6-2.jpgファイル 6-3.jpgファイル 6-4.jpg

 店の倉庫で段ボールのお神輿を作っているとき、口蹄疫復興の祭りも同時に開催して、地域も元気に出来るのでは考えました。祭りの開催を日向市に相談すると支援を約束しました。「復興・復活のおみこし大賞」の実現に向けて、段ボールの御神輿を5体に増やしました。

 祭りの司会は、欽ちゃんこと萩本欽一氏の善意に引き受けて頂き「がんばろや!欽ちゃんのおみこし大賞」として祭りを開催することが出来ました。

 採点方式は、欽ちゃんが司会なので、やっぱりこれですね。
 予算が無かったので、レベル表示は黄色い布の巻き上げ式、合格の音楽は子供にピアニカを借りました。手作り感が大受けでした。
 大賞は、校長先生の復帰を願って作った「千羽鶴お神輿」が受賞しました。
 
翌年の2月、校長先生は復帰され3月の卒業式に出席しました。無事、6年生と一緒に卒業されました。校長先生は、定年後も日向市に住まわれ元気にされています。

あと8日 はじまり

 子供の卒業と同時にPTAも4月の総会で卒業なので、4月末に東北へ行こうと準備を進めていました。ところが、3月10日、東北へ行くために買った車をぶつけられて、治療と修理で延期になりました。新しい出発日は、上町商店街振興組合の総会が終わった翌日に決めました。

 昨年から、みんなで力を合わせ小学校や商店会でバザーや募金活動を出来る限り行いました。そのときも、ずーと東北に行きたいと思っていました。きっかけは、去年の夏、テレビ岩手の平井さんからメールを頂いたとき、東北の人が元気になれる様な応援をしたいと強く感じました。

 そして、自分なりに考えた2つのことをやりとげたいと決めました。

あと9日 サブタイトル

サブタイトルの
「なにが君のしあわせ なにをしてよろこぶ」は、
やなせたかしさんが作詞したアンパンマンマーチの
歌詞から引用しました。

昨年、小学校の入学式のPTA挨拶で、
♪なにが君のしあわせ
♪なにをしてよろこぶ
♪アンパンマン やさしい 君は
♪いけ! みんなの夢 まもるため
と歌いました。
そして「元気を届けて欲しい」とお願いしました。

今年、小学校の入学式も、
やなせたかしさんの「僕らもみんな生きている」の
歌詞を引用して、東日本震災のお願いをしました。

あと10日  17年前

ファイル 2-1.jpg

平成23年3月11日は、忘れません。
あのときから、ずっと東北に行きたいと思いました。
17年前、すぐに行けたのに・・阪神・淡路大震災
http://www.hyuga.co.jp/daisinsai2/mainfrm.html

ページ移動