記事一覧

東北の早期復興 祈願(2)

ファイル 57-1.jpgファイル 57-2.jpgファイル 57-3.jpgファイル 57-4.jpg

 昨日は、「絆の黄色いハンカチ~」の件で、群馬県高崎市と東京都小平市で打合せをしました。カネバンさんには、ベスパの輸送方法について相談にのって頂きました。

 帰る途中、絆の黄色いハンカチ~の打ち合わせで訪れた場所の近くにある神社に、出来る限り参拝する様に務めています。宮城県仙台市の大崎八幡神社(7月27日)、山形県米沢市の上杉神社(7月28日)、栃木県日光市の日光東照宮(7月29日)で参拝しました。

昭和の家族 きずな

ファイル 56-1.jpgファイル 56-2.jpg

 日記のサブタイトルの「なにが君のしあわせ なにをしてよろこぶ」は、やなせたかしさんが作詞したアンパンマーチの2番の詩です。
 東日本震災が起きた翌月、小学校の入学式のPTA挨拶でこの歌を歌いました。そして、絆の黄色いハンカチ~を通して応援しようと決めました。

「絆の黄色いハンカチ~」に賛同して頂いた皆さんに「がんばろう!東北 絆」のTシャツに署名を頂きました。 このTシャツは、これからイベントを開催する場所に「東北の復興の早期」と「絆」を誓い掲げます。

 南三陸町のボランティアセンターの皆さんのTシャツ(販売もしてます)に「今日も笑顔で 明日を目指し 強い絆と心に感謝」と書かれています。
 この詩は、ボランティアセンターの責任者の猪又隆弘さんが作られました。猪又さんも大震災の津波で大変辛い経験をされた方です。この詩をある方に朗読して欲しいと思いました(ビデオメッセージ)

 猪又さんに詩をTシャツに書いて頂き、その詩に「昭和の家族のきずな」の安部朱美さんが応援の署名されました。
「昭和の家族きずな」http://showa-dollart.jp/index.html

七夕~ 黄色いハンカチ

ファイル 34-1.jpgファイル 34-2.jpgファイル 34-3.jpgファイル 34-4.jpg

 宮崎県日向市上町「ひむかの杜」で、七夕祭りが7月8日、一日遅れで開催されました。来場した皆さんは、黄色いハンカチに東北の皆さんへの思い(応援メッセージ)を書きました。思いをのせた黄色いハンカチは、10月に東北の皆さんへお届けします。

 この「黄色いハンカチ~」は、日向ひょっとこ夏祭り・日向十五夜祭り・EVフェスティバル(熊本市)でも続けます。

 日向ひょっとこ夏祭りでは、ひゅうが農園の店頭で「黄色いハンカチ~」を行います。当日は、「がんばろう!東北」「がんばろう!日本」「絆の黄色いハンカチ」の黄色いのぼり旗(5mポール)を上げるので、ひょっとこ夏祭りのステージから見えるはずです。

 自分が日向市に居ないのに「黄色いハンカチ~」が出来るのは、まちづくりコンサルタントの三堀俊之さんが応援したからです。 今回も、自分の思いを理解して、自分が居ないのに「黄色いハンカチ~」を開催してくれました。この10年間、日向市のまちづくりやイベントで、目立ず確実にサポートしてくれた日本一のコンサルタントです。

 三堀さんは、上町商店街振興組合のまちづくりを、計画通り20年で完成させたことで有名です。三堀さんの一番すごいところは、上町区で一番顔が広いことです(怖い)

 三堀さんの画像は、今日の「願いはひとつ 東北の復興」の画像中央と6月23日の日記「手作りの採点機」を操作してる人です。

あと1日 黄色いハンカチ~

ファイル 17-1.jpgファイル 17-2.jpgファイル 17-3.jpgファイル 17-4.jpgファイル 17-5.jpg

「幸福の夫婦楠祭り=しあわせのめおとくすまつり」の名称は、
①日向市に、空中でひとつに交わる縁起が良い「夫婦楠」がある。
②その夫婦楠の隣には、縁起良い名前の神社「幸福神社」がある。
③幸福=しあわせと読むのは、映画「幸福の黄色いハンカチ」を真似て、映画の様な「夫婦の絆」にあやかりたい。

 上記の思いを、強く感じて欲しいと願い「黄色いのぼり旗」の「幸福の夫婦楠祭り」を作りました。
 のぼり旗は、映画「幸福の黄色いハンカチ」の山田洋次監督にお願いして書いて頂きました。感謝!

 ミゼットの室内は「幸福の黄色いハンカチ」バージョンにしました。「黄色いハンカチ=絆の色」です。

 昨年、名球会の王貞治氏と国民的タレントの萩本欽一氏に、東北の復興プロジェクトに賛同して頂き、ミゼットのボンネットにメッセージとサインを頂きました。感謝!
http://www.kizuna311.org/

 11月22日は、いい夫婦の日=家族の絆=地域の絆につながります。この日、東北でミゼットとベスパを使って頂ければ幸いです。

あと2日 ミゼットとベスパ(1)

 「ALWAYS 続・三丁目の夕日」という映画を見ました。時代は自分が生まれた昭和34年が舞台になっていました。

 家族の絆や地域の絆の大切さを、改めて教えてくれました。いろいなことを思い出し、泣が溢れました。

 映画に出てくるミゼットは、戦後復興に庶民の車として活躍した「小さくて可愛い」名脇役でした。

 東北の皆さんに、もう一度、復興の脇役としてミゼットを使って頂ければと制作しています。ミゼットは、室内・室外のどこでも使える電気自動車に改造中です。

■現在制作中
平成23年07月01日 宮崎県日向市で、出来る限りきれいに仕上げました。
平成24年06月11日 熊本県熊本市で電気自動車へ改造を始めました。完成目標9月末です。
平成24年10月06日 熊本県熊本市で完成試乗の予定です。

ALWAYS 続・三丁目の夕日
http://www.youtube.com/watch?v=4OcvJn-akfs

ミゼットを制作中の会社 熊西オートさん(日本EVクラブ熊本支部)
http://www.jevc-kumamoto.jp/index.html

あと2日 ミゼットとベスパ(2)

 11月11日に「絆の祭り」を計画しています。同時に、東北の物産も販売します。昨年も東北の物産を販売したので準備は出来ます。そして、東北へミゼットとベスパを輸送します。

 平成22年に「絆の祭り」を開催する準備が完了してました。ところが、宮崎県内で口蹄疫が発生してので中止にしました。昨年は、東日本大震災のことで頭がいっぱいでした。

 絆は、家族の絆や地域の絆があります。家族と同じ様な気持ちが強くなって地域の絆が始まると思います。

 家族の絆は夫婦の絆が始まりだと思います。日向市に「夫婦楠」という楠の木があります。余り知られてはいませんが、2本並んで空中で1つに結ばれている珍しい木です。日向市が所有する敷地に立っているので、新しい観光資源になればと願っています。

 絆の祭りは「幸福の夫婦楠祭り=しあわせのめおとくすまつり」と決めました。この名称につけた理由は明日、説明します。

 50年以上結婚している夫婦の中からエピソードなどで数組を選んで、長い間続けてこられたことを尊び、「日向の杜 絆」としてお祝いを差し上げたいと計画してます。
 
お祝いの品は、心の残るモノを3つ準備したいと思います。

ひとつは、ローマの休日で使われた同年式のベスパ1951を使い、ローマの休日のポスターと同じポスターを制作します。ローマの休日は、60年(1951年)以上も前に作られた映画ですが、いまも世界中の人に愛され続けています。いつまでも愛されるポスターに登場して頂きたいと願っています。

ベスパ1951をフルレストアした会社 カネバンさん
http://www.kaneban-vintage.jp/index.html

ページ移動